ロス写真家連続殺人鬼

2010年12月26日 Sunday

image

今巷で騒がれているのは黒人であり、被害者も黒人中心の「グリム・スリーパー(Grim Sleeper:眠れる残虐犯)」(英語記事:Wikipedia;Grim Sleeper、日本語記事:Darkness of Asia : 連続レイプ殺人鬼。22年間で180人と関わり、1,000枚の写真を残していた男 )だが、同じ時期、ロサンゼルスには他にも同様の手口の殺人鬼が、少なくとも二名いた。

一人がアメリカABCのテレビ番組「The Dating game」に出ていた(YouTube動画)ことから、「Dating Game Killer」と呼ばれ、IQや容姿等でテッド・バンディにも比較されるロドニー・アルカラ(英語記事:Wikipedia;Rodney Alcala、日本語記事:唸声の気になるニュースIQ160の天才殺人鬼ロドニー・アルカラのテレビ出演映像)。彼は五人の婦女暴行と殺害で死刑宣告を受けており、詳細はまた別の機会にまとめたい。

本日記事にするのは人気ドラマ「CSI:マイアミ」で取り上げられたロサンゼルス連続写真家殺人鬼、ウィリアム・リチャード・ブラッドフォードである。海外ドラマで実際にあった事件を題材に使うことは珍しくないが、「CSI:マイアミ」シーズン5の第8話「監禁の餌食」は極めて稀なケースである。なぜならドラマ中、ナタリア役を演じているエヴァ・ラルーは、自身の経験を元に演じているからだ。エヴァ・ラルーは自身の妹、ニカとともに、実際にウィリアム・ブラッドフォードと会ったことがあり、被害者と思われる写真群の中に、妹・ニカの写真があった。

この記事は主に以下のサイトをまとめたものです。

image

上の手配写真の3番目の女性が、エヴァ・ラルーの妹、ニカだと確認されている。

エヴァ・ラルーは自身の経験が元となった事件に出演し、自身の役を演じることに対して、「事件を風化させたくないため」と答えている。

事件の始まり

1984年7月、ハリウッドの裏通りに、女性の遺体が発見された。左足に損傷のある遺体であった。身元の分かるものは残されておらず、警察は「ジェーン・ドゥ60番」としてこの遺体を取り扱った。

それから数日後、15歳のトレイシー・キャンベルが失踪し、最後の足取りから捜査線上にブラッドフォードが浮かんだ。自宅のアパートを捜索したところ、54枚の写真が見つかり、捜査官はその中にトレイシー・キャンベルの写真とともに、身元不明であった「ジェーン・ドゥ60番」を発見した。ブラッドフォードを連続殺人鬼と認識し捜査を進めたところ、ロサンゼルスの北の砂漠にある人里離れたキャンプ場が殺害現場だと特定し、トレイシー・キャンベルの腐乱死体を発見した。

「ジェーン・ドゥ60番」の身元は「The Meet Market(出会い市場)」と呼ばれるロサンゼルスのバーの従業員シャリ・ミラーという21歳の女性であった。左足に損傷があったのは、身元が分らぬように彼女のタトゥーを切り取ったためであった。

ブラッドフォードはプロの写真家と称し、「モデルになってほしい」と様々な女性に声をかけていた。トレイシー・キャンベルとシャリ・ミラーはそれぞれ彼の言葉を信じ、キャンプ場のスタジオに向かい、写真を撮られた後に絞殺された。キャンプ場で見つかった15歳の少女トレイシーの遺体には、シャリ・ミラーのブラウスが覆われていた。

事件の中断

裁判が始まり、ブラッドフォードは弁護人をすぐに解雇し、テッド・バンディのように自身の弁護人となった。ブラッドフォードは最終弁論で陪審員に、キャンベルとミラー以外の他の被害者と思われる女性たちについて、「何人殺したのか分からないと思っているだろうが、そうだね、君たちの思う通りだ」とほのめかした。

陪審の評決は死刑となり、サン・クエンティン刑務所に収容された。サン・クエンティン刑務所の処遇は彼には耐えがたく、何度も嘆願書を出したがすべて拒否されたため、過去10年雇わなかった弁護人を雇い、サン・クエンティン刑務所の生活について詩を書き始め、彼の詩はマスコミにも注目された。

しかし、他の被害者について語ることはなく、そもそも課せられた2件の殺害容疑についても潔白であると話し、死刑の中止を願っていた。

ロサンゼルス警察も他の被害者について、調査を進めるすべもなく、事件はそのまま「コールドケース」としてキャビネットに積まれているだけだった。

写真の公表

2006年、DNA鑑定の科学技術が進んだこともあり、ロサンゼルス警察は突然ブラッドフォードの事件について関心を示し、ブラッドフォードのアパートから押収したポートレート群を公表した。ブラッドフォードはミシガン、フロリダ、テキサス、オレゴン、イリノイ、ルイジアナ等、複数の州に在住していたしていたため、警察はさらなる情報を求めて全国に情報を拡散した。

ついに1978年にマリブのキャニオンで腐乱死体となって発見された女性が確認された。彼女は遺体発見の数日前にブラッドフォードと出会っていた。また、このポートレート群の中に婚姻関係があった女性を複数確認し、中の一人は性的暴行で告訴していることも分かった。女優エヴァ・ラルーと妹ニカもこの時点で警察と連絡を取った。

ブラッドフォードの死去

カリフォルニア州では死刑が廃止となる可能性もあり、ブラッドフォードは死刑から免れ、何年も棚上げされ続けていたが、2008年、ついに癌で亡くなった。享年61歳であった。

2006年に写真を公表したことにより、膨大な連絡があったが、未だ14人の女性の身元は分からず、被害者である可能性があるという。

彼本人から他の被害者について語られることは二度とない。